アトピーとオーガニックコスメ

アトピーとオーガニックコスメ

アトピーや敏感肌に悩まされている方にオーガニックコスメを紹介したり、アトピー対策などを記載しているブログです。

【赤ちゃんからのアトピーの予防に】ベビー用スキンケアでおすすめはどれ?

 

前々回は、乳幼児アトピーとその対応に就いてご案内しました。

※前々回の記事はコチラからご覧ください↓

赤ちゃん、子どものアトピーはステロイドNG?それともそうではない?

BABY


やはり、生まれて間もない赤ちゃんが、アトピーを発症することは、できる限り避けたいことですよね。



さて、ここで2つの医学実験とその結果についてご紹介します。


1つめの実験は、まずアトピー素因を持つ両親から生まれた124人の赤ちゃんを2つのグループに分けます。


 1つのグループの赤ちゃんには、保湿剤を毎日塗り、もう1つのグループには塗らない。それを6ヶ月間実施します。


すると、保湿剤を毎日塗ったグループの赤ちゃんは、塗らなかったグループと比較すると、アトピー性皮膚炎の発症が半分に抑えられたのでした。


 2つめの実験は、国立成育医療研究センターのアレルギー科と皮膚科で行った研究で、両親、兄弟姉妹のうち、誰かがアトピー性皮膚炎を持っている118人の赤ちゃんを対象としたものです。


生後1週間からお肌の乾燥した部分のみにワセリンを塗ったグループと、毎日1回以上、全身に市販の保湿クリ-ムを塗ったグループを比較すると、生後32週目の時点では、ワセリンを塗ったグループよりも毎日保湿クリームを塗ったグループのほうが、アトピー性皮膚炎の発症率は30%低下した、という結果となりました。


 この2つの実験結果によると、赤ちゃんに毎日保湿によるスキンケアを実施することで、アトピーの発症をかなり防ぐことができます。


BBB


また、これらの実験によると、毎日、保湿によるスキンケアを行うことによって、食物アレルギーの発症率も低下した、という結果も同時に発表されています。


やはり、日ごろからお肌をケアして、肌バリア機能が低下することを防ぐことが、アトピー、さらに食物アレルギーまでも、予防につなげることができるのですね。


でも、大人よりも肌がずっと薄く、また肌バリア機能も未発達な赤ちゃんに対して、化学物質がたくさん入ったコスメを使うことは、やはりおすすめできません。


そこで今回は、赤ちゃんの肌にも安心してお使いいただける、オーガニックのベビー用スキンケア商品を、2つご紹介します。


まず1つめは、コチラ:

ヴェレダ(WELEDA)の【カレンドラ ベビーケアサマーキット】です。


この商品は、以前レビューしたことがありましたが、

※【カレンドラ ベビーケアサマーキット】のレビュー記事はコチラからご覧ください↓

アトピーでも大丈夫:赤ちゃんのスキンケアにおすすめ【ヴェレダ(WELEDA) ベビーケアサマーセット】レビュー

wel3



この商品の中の「カレンドラ ベビーミルクローション」が乳液であり、お肌を保湿してくれます。

WEL



また、「カレンドラ ベビーバーム」は、おむつ周りのケアや、汗でムレやすい背中、首の周囲のムレ防止用のクリームです。


WEL2


使い心地はサラサラとしていて、デリケートな赤ちゃんのお肌にとても優しく、お母さん方から好評をいただいているキットです。


2つめは、【ロクシタン(L'Occitane)のシアバター】です。

※ロクシタンのシアバターについてのレビュー記事はコチラからご覧ください↓

シワ予防、アンチエイジング、アトピー、紫外線対策に超オススメ。あらゆる方面に効果を発揮するスーパーオーガニックコスメ、ロクシタンの【シアバター】とは?


【アトピーの人に朗報?】保湿力が凄い・ロクシタンのシアバターは“脱ステ”に最適

locc321




シアバターの故郷、西アフリカでは、強い紫外線から肌を守るために、生まれたばかりの赤ちゃんの全身に、シアバターを塗ります。


シアバターはの成分は、保湿はもちろんのこと、UVカットとしても優れた効力を発揮してくれるのですね。


シアバターの主成分であるオレイン酸ステアリン酸は、人の肌に多く含まれている成分なので、長時間の保湿に優れています。


ロクシタンのシアバターは、余分なものは一切入っていない、純度100%の製品です。


まさに赤ちゃんからお年寄りまで、どの世代の方でも安心して使えるコスメです。


SAAA


ベビー用スキンケア商品は、市場にたくさん出回っていますが、成分表を見るとしっかり旧表示指定成分が入っていたりして、決して安全とは言い切れないものがあります。


老舗のメーカー、ジョンソン&ジョンソンの有名な商品、「ジョンソンズベビーローション」にも、旧表示指定成分であり、危険な物質とされるPG(プロピレングリコール)や、ミネラルオイル(鉱物油)が配合されているのです。


JOO



赤ちゃんは強い生命力を持っていますから、化学物質が入った保湿剤を肌に塗ったからといって、すぐにアレルギー反応が出ることは、ほとんどありません。



でも、【経皮毒】の記事でご説明したように、化学物質が肌から吸収され、それが体内に蓄積されることによって、将来何かが起こらないとは限りません。

※経皮毒について詳しく書いた記事はコチラからご覧ください↓

シャンプーと子宮との密接なつながり~生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症,不妊症などの婦人科系疾患はシャンプーに原因あり?~

kkk11


経費毒とアトピーとの密接なつながり

ttt4




やはり、赤ちゃんには安全なものを使ってあげて、将来は自分の身体と、そして他人や地球環境を大切にしてくれる人に育って欲しいと思います。


・関連記事


赤ちゃん、子どものアトピーはステロイドNG?それともそうではない?

BABY


小さな子供がかかるアトピーの本当の原因とは?その1【乳幼児編】

baby

アトピーでも大丈夫:赤ちゃんのスキンケアにおすすめ【ヴェレダ(WELEDA) ベビーケアサマーセット】レビュー

wel3


【アトピーの人に朗報?】保湿力が凄い・ロクシタンのシアバターは“脱ステ”に最適

locc321


【アトピー、敏感肌、乾燥肌の方に最適】洗顔、クレンジング、ボディに使える万能石けん【ナーブルスソープ】レビュー

nab555


【アトピー肌、敏感肌、乾燥肌に最適?】コディナ(CODINA)・アルガンオイルの強力なエイジングケア対策とは

codina


フランスの化粧品の中でも認知度No.1オーガニックコスメ【メルヴィータ(melvita)】の美肌の秘訣とは

lomel1


毛穴の黒ずみ、肌のテカリ対策にピッタリのマスク【メルヴィータ(Melvita)のネクターピュアマスク スクラブ】レビュー

sukus





にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪



2018年09月20日| コメント:0Edit

【アトピー改善にオススメ?】オリーブオイルの知られざる効果とは

このブログでは、アトピー改善のために、悪い油を極力カットして、反対に良い油を積極的に摂取することをおすすめしています。


ooii2

良い油 No.1・・・オメガ-3オイル(フラックスシード油、えごま油、シソ油、青魚、クルミ、栗)


良い油 No.2 ・・・ オメガ-9オイル(オリーブ油、マカデミアナッツ油、キャノーラ油、アルガンオイル、アボカド、アーモンド、マカデミアナッツ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ)


悪い油・・・トランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング、ファットスプレッド、コーヒーフレッシュ、同じ油を2度以上使って作った揚げ物)


積極的に摂るのは控えたほうがいい油・・・オメガ-6オイル (コーン油、大豆油、なたね油、ひまわり油、サフラワー油などの植物性油。

ほかにもお菓子、パン、マヨネーズ、カップ麺、総菜などの加工食品やファーストフード全般、さらには通常のご飯、お肉、野菜といった食品全般にも含まれている)



現代の食生活では、すでにオメガ-6オイル(リノール酸)を大幅に摂取し過ぎているのですが、リノール酸の摂り過ぎは、炎症を引き起こす元となる「プロスタグランディン」という物質が体内で大量に作られることがわかっています。

※リノール酸について詳しく書いた記事はコチラからご覧ください↓

【摂り過ぎは危険?】リノール酸(オメガ-6脂肪酸)の摂り方とアトピーの改善は関係ある?

oil5


アトピーも、もちろん炎症の1種ですから、リノール酸の摂り過ぎは全然よくないことです。


実際に、リノール酸の取り過ぎが、アトピーをはじめとするアレルギー疾患、または糖尿病やうつ、ガンに至るまで病気の原因となることが、現代医学では解明されています。


また、リノール酸を摂り過ぎると血液中で固まり、血液がドロドロになってしまい、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。


ketueki


それに、本来人間に必要なリノール酸の摂取量は、1日に9g前後といわれていますが、それは肉、米、小麦などを食べれば充分に摂取できてしまいます。これ以上、植物性油から摂取する必要はないのですね。


ですので、リノール酸の摂り過ぎには、充分注意をしなくてはいけません。

オリーブオイルのススメ



さて、以前このリノール酸についてご案内した記事の中で、お料理に植物性油の代わりにオリーブオイルを使用することをおすすめしました。


ooo1


このオリーブオイルは、オメガ-9オイルで、上記の「良い油 No.2」に属しています(*^^*) 。


「良い油 No.1」のオメガ-3オイルは、残念ながら熱に弱く、加熱すると効力を失ってしまいます。


お料理にかけたり、ドレッシングに使用する分にはいいのですが、加熱料理には向きません。


そこで、オリーブオイルの出番となるのですね。


なぜオリーブオイルなのかというと、それはオレイン酸、植物性スクワラン、ビタミンA、ビタミンE、ポリフェノールの一種であるオレウロペインといった美容や健康によい栄養成分が豊富に含まれているからなのです。


中でもオレイン酸は、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを維持する働きをしてくれる、スグレモノの栄養素です。


どんなオリーブオイルを使えばいいの?


オリーブオイルには大きく分けて「ヴァージン・オリーブオイル」「精製オリーブオイル」がありますが、よいオリーブオイルを選ぶ条件は、以下の4つになります。


①精製していないものを選ぶこと


②オリーブの果実100%であること


③酸度が低ければ低いほど良質。中でも酸度0.8%以下の「エキストラバージン・オリーブオイル」が最高品質となる。


④色の違いと品質は、特に関係ない。



ooii


オリーブオイルの色は商品によって違いますが、それはオリーブの実の品種や収穫時期の違いによるものであり、品質とは関係ないそうです。


ベストはやはりエクストラヴァージンオイルを選ぶことですが、値段もそれなりに高くなるため、お財布と相談しながら上記の4つの条件を参考にして、品質のよい「ヴァージン・オリーブオイル」をお選びいただき、アトピー改善の一助としてお役立てください。


・関連記事


【摂り過ぎは危険?】リノール酸(オメガ-6脂肪酸)の摂り方とアトピーの改善は関係ある?

oil5

【実はアトピーの改善に役立つ?】ビタミンEが豊富なスーパー食材、アボカドの秘密とは

abo4



【健康と美容に超オススメ】オメガ3たっぷりのオーガニックサプリ“フラーガン”があなたを内側からキレイにします

flagan

【腸内環境を整えて便秘とアトピーを改善しよう】オリゴ糖サプリ“エンジェルオリゴ”の知られざる効果とは?

eee


アトピー肌やカサカサの乾燥肌に特にオススメ【ナチュラルオーケストラのホホバオイル】は超敏感肌でも安心のスグレモノ

natu


【アトピー、敏感肌、乾燥肌の方に最適】洗顔、クレンジング、ボディに使える万能石けん【ナーブルスソープ】レビュー

nab555






にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪










2018年09月19日| コメント:0Edit

赤ちゃん、子どものアトピーはステロイドNG?それともそうではない?

ここ数十年の間に、大人になってから「成人型アトピー性皮膚炎」を患う人が増えていますが、それでもやはり、幼い子どもの皮膚科受診率は下がりません。


baby2


すべすべしてきれいなはずの子どもに、ひどい湿疹が現れたりしたら、ご両親が慌ててしまうのも無理はないことと思います。


でも、どうか落ち着いてください。まず、乳幼児に湿疹が出るのは、そんなに珍しいことではないのです。


乳幼児の湿疹については、こちらの記事をご参照いただきたいのですが↓

小さな子供がかかるアトピーの本当の原因とは?その1【乳幼児編】

baby


この記事にも書いているように、幼い子どもは身体の成長に対して皮膚の成長が追いついていないとき、湿疹を出すことがありますが、それは成長過程で必要な現象であり、病気ではないので放っておけば自然に治ります。


これが「乳幼児湿疹」と呼ばれるもので、アトピー性皮膚炎とは違うものです。


ただ、それでもやはり「乳幼児湿疹」とは別に、幼いときからアトピーを発症してしまう子どももいます。


子どもの病気がアトピーと分かったとき、ご両親は驚いて悲しみにくれてしまうこともあります。


また、ご両親のうちどちらか、あるいは両方ともアトピーを持っていらっしゃる場合は、ご自分を激しく責めてしまいがちです。


でも、あえて申し上げたいのは、そのようなとき、あせって「早く治してあげたい」と思うばかりにステロイドを使用することは、どうか控えていただきたいのです。


sute111


その理由は、


<アトピーの治療にステロイドを使用することによって、アトピーという病気が難治化している可能性がある>、

という説があるからです。


つまり、それまでは成長すれば自然に治る病気であったはずのアトピー性皮膚炎が、大人になっても治らず、ステロイドをやめたくてもやめられない、いわゆる「ステロイド依存」の状態に陥ってしまっている人がたくさんいる、ということなのですね。


このことは、医学的にハッキリと証明されたわけではありません。


でも、その説を裏付けられるほど多数の人々が、子供のころからステロイドを使い、それが大人になっても続いているのです。


suuu


もしもステロイドでアトピーが治せるのであれば、発症した子ども時代に完治し、その後は症状は出ないはずなのですが。


<アトピーの治療にステロイドを使うことが一般的になって以降、成人のアトピーが増加した>、


というのは多くの皮膚科専門医が感じていることなのです。


ですので、

「もしも自分の子どもがアトピーになっても、ステロイドは絶対に塗らない」

と言う医師もいるのです。


そのようなことから、ほんのつかの間、よくなったように見せかけるだけの薬を子どもに使うことは、どうか思いとどまっていただきたいのです。


なぜなら、「治ったように見せかけるだけの薬」ならまだマシなのですが、それに留まらず、ステロイドは医学的にも「副作用がある」と証明された薬です。


sssttt



ある2歳児を診た皮膚科専門医の方は、その子がステロイドを塗っていることによって、それが全身に吸収され、成長抑制が来ていることを診断されました。


というのもその子は身長も低く、体重も少なかったのです。


そこで、ステロイド使用を中止したところ、やがて元通りの成長に戻ったのですが、これはステロイドの強い影響を示す一例、といえます。


私自身、自分のアトピーの治療にステロイドを塗っていたころは、頭痛や倦怠感に悩まされることもありました。


それは20代前半の頃でしたが、このときに


<ステロイドは、決して“たかが肌に塗る薬”とあなどってはいけない薬物なんだ>


と言うことを感じました。


ましてや小さな子どもであれば、なおさら慎重になる必要があるかと思います。


大切な我が子、あるいは甥御さんや姪御さんがアトピーを発症し、どのような治療をしてあげればよいか迷われているのであれば、こちらの本をご一読ください↓

【赤ちゃん・子どものアトピー治療】のAmazonサイトはコチラから

aaatt



この本には、ひどいアトピーにかかったにもかかわらず、親子でいっしょにがんばってステロイドを使わずに治した方のお話や、治療およびお母さんとお子さんの日常生活の仕方などが、具体的にわかりやすく書かれています。



また、なぜステロイドがよくないのか、あまり医師が話したがらない真実にも触れていて、非常に興味深い本です。よろしければ、ぜひ読んでみてください。



日本は民主主義の国であり、本来は自分および自分の子どもに、どのような治療を望んでいるのかを医師に伝え、そして治療方法を選択できるはずですが、残念ながら、有無を言わさずステロイド治療を半ば強制的に受けさせられてしまった、ということが往々にしてあるそうです。

aaaat




もちろん、すべての病院がそのようなことをしているわけではないですが、残念ながらそれは少なくない出来事なのです。



ですので、たとえ医師から「ステロイド治療しか治る道はない」、といわれたとしても、すぐに「はい」と言わず、「ちょっと待て」と自分で自分にブレーキをかける勇気、そのほんの少しの勇気を持つことをしていただきたいのです。


やはり、アトピーはつらい病気です。子どものうちに症状が消えてくれるのであれば、これほどありがたいことはありません。


大人になってからもアトピーと付き合わなくてはいけない、という運命を避けるためにも、どうか勇気を持ってステロイド治療を回避する道を選択していただきたいと思います。


・関連記事

アトピー性皮膚炎の治療薬、ステロイドは使う?使わない方がいい?その2

dada


【アトピー性皮膚炎で処方される】ステロイド剤の種類と強さとは

datu


アトピーから見える現代社会の問題と、その原因について

gen2



【アトピーの人に朗報?】保湿力が凄い・ロクシタンのシアバターは“脱ステ”に最適

locc321


【アトピー肌、敏感肌、乾燥肌に最適?】コディナ(CODINA)・アルガンオイルの強力なエイジングケア対策とは

codina


【アトピー肌でも大丈夫】コディナ(CODINA)のオーガニッククレンジングソープ“フェイシャルサヴォン カメリナ”は超気持ちイイ?

ccc12


【アトピー肌にピーリングは大丈夫?】いえいえ、もっといい方法があるんです。それは・・・。


sukus





にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪




2018年09月18日| コメント:0Edit
Copyright © アトピーとオーガニックコスメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます