アトピーの改善と美肌効果には、身体によい油と悪い油を見極めることが大切?|アトピーとオーガニックコスメ

アトピーとオーガニックコスメ

あなたのアトピーの原因はどこにあるのでしょうか? なぜ、敏感肌のあなたにオーガニックコスメがよいのでしょうか?そのような疑問にお答えしています。おすすめオーガニックコスメのレビューと、化学物質、ステロイド剤、プロトピック剤の危険性についてもご説明しています。

アトピーの改善と美肌効果には、身体によい油と悪い油を見極めることが大切?

アトピー性皮膚炎症状とは、いわば「肌」という、人間の身体で一番外側にある臓器が炎症を起こしている、ともいえます。


実際に、アトピーを「皮膚の上で火事が起きているようなもの」と例える皮膚科専門のお医者さんもいます。



たしかに、燃えるようにかゆい(?)ときもありますよね(>_<)。ヘンな例えですが(汗)。

kayui


さて、この<皮膚の上の火事>を起こさせないようにするには、まず火事の原因、つまり何が原因で燃え広がったのかを突き止める必要があります。


最近の研究では、トランス脂肪酸など身体によくない油の過剰な摂取も、アトピーの原因の1つとしてあげられるようになってきました。



実際に、よくない油が身体を酸化させ、炎症を起きやすくして老化現象を早めてしまうことが、アトピーだけでなくアンチエイジング対策の面からも指摘されてます。


アトピー性皮膚炎の人であればなおさら、「どの油を摂取すればいいのか」を知る必要がありそうです。


oil7

油を知る者はアトピーを制す?



さて、よくない油がアトピーの原因となるのですが、油自体をそんなに怖がる必要はありません。



以前も書きましたが、オメガ-3オイルなら、積極的に摂るとアトピーが改善されますし、美容にもいいのです。


oil


逆に、極力摂らない方がいい油は、何度か書きましたがやはり「トランス脂肪酸」です。



アメリカの医師学会では「トランス脂肪酸は早死にのリスクを高める」と発表していますし、<ガンや糖尿病、脳梗塞、そしてもちろんアトピーなどのアレルギー性疾患も、トランス脂肪酸が原因で起きる>ことは、すでに医学界ではハッキリわかっていことなのです。


ここまで研究結果がでているのであれば、ここは素直に<悪いものは避ける>ほうが賢明といえます。



さて、この【オメガ-3オイル】は積極的に摂りたい油、逆に【トランス脂肪酸】は避けた方がいい油、ということはわかってきましたが、それではほかの油はどうなのでしょうか。


ほかの種類の油とは、「オメガ-6」「オメガ-9」、そして動物性脂肪です。


この3つのオイルに関しては、いったいどうなのでしょうか。


まず、「オメガ-6オイル」とは、以下のようなものになります:

・ひまわり油、べにばな油、なたね油、コーン油など、透明なプラスチック容器に入って売られているほとんどの植物性油


oil3



・市販のサラダドレッシングに含まれているオイル



・カボチャの種、ひまわりの種



・月見草オイル



・ピスタチオナッツ



・アサイー



これらの「オメガ-6オイル」は現代人のふだんの食生活においては、すでに<摂り過ぎ>とされています。必要以上に摂取してしまっているのですね。


ですので、むしろ避けたほうがいいです。いくら避けてもある程度は摂ってしまうものですから(^_^;)。


逆に、「オメガ-9オイル」は、積極的に摂ったほうがいいオイルです。このオイルは悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きをしてくれます。

oil2


また、美肌効果に優れ、潤いとハリのあるお肌を作ってくれます。よく化粧品にオリーブオイルを配合するのは、そのためなのです。


ほか、胃酸の過剰な分泌を防いだり、便秘の解消にも役立つといわれています。



「オメガ-9オイル」は、次の食品に多く含まれてます:

・オリーブオイル、マカデミアナッツオイル、アルガンオイル


・アボカド



・アーモンド、マカデミアナッツ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ



オリーブオイルを1日1,2杯摂取する美容方法もあるそうですので、(もちもちの美肌になるそうです)この「オメガ-9オイル」は美容と健康に効果があるオイルとして、取り入れるといいと思います。


ちなみに、このブログでイチオシのコスメであるアルガンオイルも、「オメガ-9オイル」なのです。どうりでお肌が美肌になるわけですね(*^^*)。


※アルガンオイルについて詳しく書いた記事はコチラからご覧ください↓

【アトピー肌、敏感肌、乾燥肌に最適?】コディナ(CODINA)・アルガンオイルの強力なエイジングケア対策とは

oil541



最後に動物性脂肪についてですが、やはりこれも摂り過ぎは病気の元となってしまいます。当然、体内に残留している動物性脂肪が、アトピーの原因になることも充分可能性があります。


たんぱく質は絶対に必要ですが、脂肪分については摂り過ぎに注意してください。食事のメニューを肉から魚にシフトするだけで、かなり減らすことができますし、青魚やサケならオメガ-3オイルを摂ることができて、一石二鳥です。


よい油を積極的に摂って、悪い油をシャットアウトするだけで、アトピーの改善や美肌対策への効果がかなり期待できます。


私自身、トランス脂肪酸を避けてオメガ-3オイルをたくさん摂取したらアトピーが軽減した経験がありますので、よろしければぜひご参考にしてください。


bihada



・関連記事

【アトピー肌、敏感肌、乾燥肌に最適?】コディナ(CODINA)・アルガンオイルの強力なエイジングケア対策とは

oil541


【アトピーの人に朗報?】保湿力が凄い・ロクシタンのシアバターは“脱ステ”に最適

locc321


【健康と美容に超オススメ】オメガ3たっぷりのオーガニックサプリ“フラーガン”があなたを内側からキレイにします

flagan


ロクシタンの新製品、レーヌブランシュイルミネイティングクレンジングフォームの美白効果とは

ROCCC


フランスの人気オーガニックコスメブランド、【コディナ】から発売されたオススメのトライアルセットの使い方とは

try222


【アトピー、敏感肌、乾燥肌の方に最適】洗顔、クレンジング、ボディに使える万能石けん【ナーブルスソープ】レビュー

nab12




にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪



2018年07月19日| コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アトピーとオーガニックコスメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます