【やっぱりコワイ?】アトピー性皮膚炎と合成界面活性剤との関連性とは|アトピーとオーガニックコスメ

アトピーとオーガニックコスメ

アトピーや敏感肌に悩まされている方におすすめできる、オーガニックコスメや無添加化粧品をご紹介しています。ほかにもアトピーの改善、対策などお役立ち情報を多数記載しています。

【やっぱりコワイ?】アトピー性皮膚炎と合成界面活性剤との関連性とは

アトピー性皮膚炎の人のは、まことに残念なことに、肌バリア機能が正常に働いていないことがほとんどです。


atopi


特に、肌の角質層に多く存在する【セラミド】という物質が、アトピーの人の場合は極端に少ないことが、最近の研究結果で分かっています。


セラミドとは、もともと人の体内で生成される脂質の一種で、皮膚保湿柔軟性を維持する役割を果たしています。


角質層にあるセラミドは、細胞と細胞の間でちょうどスポンジのように水分と油分を抱え込みながら存在し、それが肌に潤いとみずみずしさを与えてくれるのですね。


でも、このセラミドに代表される肌の角質層の脂質が少なくなると、肌のバリア機能が低下してしまい、荒れやすくガサガサの乾燥肌となっていってしまうのです。

ser


その状態がひどく、慢性的になると「アトピーの症状」と診断されます。



では、どうしてこのようなことが起きてしまうのでしょうか?


その原因はいくつかあるのですが、中でも「合成界面活性剤」が原因とされる割合は、決して少なくないのが実情です。


「合成界面活性剤」については以前もご説明しましたが、

※合成界面活性剤について詳しく書いた記事はコチラからご覧ください↓


【旧表示指定成分シリーズその1】化粧品に含まれている“合成界面活性剤”の働きはコワイ?

gosei



合成界面活性剤は、洗剤や石けん、クレンジング、シャンプーなどに配合されています。それは、強い洗浄力を持っているからなのです。


ただ、洗浄してくれるのが汚れだけならいいのですが、残念ながらそうはいかず、よごれといっしょに肌バリア機能まで根こそぎ奪ってしまう、非常に困ることもしてしまうのですね。


前述のセラミドも、合成界面活性剤によって洗浄され、肌からはがされてしまうことが続けば、どんなに食生活や生活習慣に気をつけていても、肌が荒れてしまうことは想像に難くないと思います。


ですので、特にアトピーの人は、この合成界面活性剤を極力使用しないように気をつけたほうがいいです。



どうしても食器洗いやお風呂洗いのとき、合成界面活性剤入りの洗剤を使用しなくてはいけない場合は、洗剤を使ったあと、オーガニックコスメのソープでよく手を洗ってください。(手を洗うときまで合成界面活性剤入りのソープを使っては、なんの意味もないですから(^_^;) 。)


手を水で洗い流すだけでは、合成界面活性剤が完全に取れないのです。よいソープで手を洗うだけでも、かなり違ってきます。



おすすめのソープは、こちらです↓

“アトピーがひどくてどの石鹸でも洗えない(泣)”そんな時のスキンケア対策にオススメの【ロゴナ(LOGONA) フリーシャンプー&ボディソープ】の威力とは

pur3



【アトピー、敏感肌、乾燥肌の方に最適】洗顔、クレンジング、ボディに使える万能石けん【ナーブルスソープ】レビュー

nab12



これらのソープは多少高価ではあっても、肌を守りアトピーの症状を軽くしてくれる、本物の優れたオーガニックコスメです。



化粧品の場合は、やはり合成界面活性剤を完全にシャットアウトしたオーガニックコスメを使うことを強くおすすめします。


それは、合成界面活性剤が入った化粧品を日々使っていながら、アトピーが改善するのは難しい、と考えざるを得ないからです。


それほど、この合成界面活性剤の「肌バリア機能を壊す」威力は強力なのですね。



ですので、アトピーの人は、合成界面活性剤が入った化粧品を使うことを、スッパリとやめてしまいましょう。そのほうがずっといいです。


よくネットや本、雑誌などで、<合成界面活性剤はすべて悪いわけではなく、安全な成分もあります>と書かれているのを見かけます。


でも、私としては、「では、どうして優れた品質のオーガニックコスメは、どれも合成界面活性剤を100%カットして製造しているの?」と思います。


安全な成分もあるのであれば、少しは入れてみてもよさそうなものですが(笑)。


そうではない(安全ではない)から完全にカットしている、と考えるほうが自然ではないでしょうか。


私自身、ちょっとでも合成界面活性剤が入ったコスメは、すぐに肌トラブルが起きてしまい、何度も苦い経験を重ねたため、最終的には合成界面活性剤をまったく配合していないオーガニックコスメしか使わなくなりました。


skin2


でも、いったんそのようにすると、そのほうがずっと快適なコスメ生活が送れることにも気づきました。



今は、なに1つ不自由なく、まったく合成界面活性剤が配合されていないオーガニックコスメライフを楽しみ、自分の肌がだんだん美肌となっていくことを悦んでいます。


bihada4


合成界面活性剤には安全な成分はない、というのが私自身の考えです。


アトピーの人は、とにかく普通の人よりもずっと敏感肌なんですから、いろいろな情報に振り回されたり、あれこれ悩んで時間をロスするよりも、合成界面活性剤完全カットの道を選んだ方が、ずっと得策だと思います。


そして、そのほうがアトピーの改善につながりますよ♪


・関連記事

フランスの人気オーガニックコスメブランド、【コディナ】から発売されたオススメのトライアルセットの使い方とは

try222

【敏感肌や髪のボリュームアップ対策に効果絶大?】ロゴナのオーガニックビール&ハチミツシャンプーの人気の秘密とは

roggg

シワ予防、アンチエイジング、アトピー、紫外線対策に超オススメ。あらゆる方面に効果を発揮するスーパーオーガニックコスメ、ロクシタンの【シアバター】とは?

fff66



毛穴の黒ずみ、肌のテカリ対策にピッタリのマスク【メルヴィータ(Melvita)のネクターピュアマスク スクラブ】レビュー

sukus


フランスの化粧品の中でも認知度No.1オーガニックコスメ【メルヴィータ(melvita)】の美肌の秘訣とは

merci


冬の乾燥時期にひどくなる?かゆくてつらい【手湿疹、手荒れ】の原因と対策とは


hand2

化粧品における旧表示指定成分とは?

hyouji






にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪






2018年07月20日| コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アトピーとオーガニックコスメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます