【どのくらいコワイ?】アトピー性皮膚炎のステロイドの副作用とは|アトピーとオーガニックコスメ

アトピーとオーガニックコスメ

あなたのアトピーの原因はどこにあるのでしょうか? なぜ、敏感肌のあなたにオーガニックコスメがよいのでしょうか?そのような疑問にお答えしています。おすすめオーガニックコスメのレビューと、化学物質、ステロイド剤、プロトピック剤の危険性についてもご説明しています。

【どのくらいコワイ?】アトピー性皮膚炎のステロイドの副作用とは

皮膚科「アトピー性皮膚炎」と診断されると、まずはステロイド剤を出されます。でも、このステロイドについては賛美両論あり、


datu


「アトピーの改善には、やはりステロイド剤を投与しないといけない」



といわれたり、あるいは


「ステロイド剤には強い副作用があり、しかもアトピー症状の改善には疑問符がつく」



といわれたりします。


さて、今回はこのステロイドの副作用はどのくらい警戒しないといけないのか、について考えてみたいと思います。



ステロイドを使う病気の種類とは




ステロイド剤は、アトピーだけでなくさまざまな病気に投与される薬です。それは、<劇的に効く場合があるから>ですが、同時に強い副作用を伴うことは医師も承知のうえです。


さて、どのような病気にステロイドが投与されるのかというと、これが実に幅広く、ガンや白血病、脳梗塞、そして呼吸器系、循環器系の病気、敗血症、椎間板ヘルニア、関節炎、リウマチなど、多岐にわたります。


ただ、これらの病気のほとんどは、内服薬あるいは注射でステロイド剤を体内に入れます。


肌の上にステロイド剤を塗る方法は、やはり皮膚の病気かリウマチ系の病気です。


nuru2


ステロイドの副作用について


さて、ステロイドの投与によって起きる副作用は、次のものがあげられます:


軽度の症状:
にきび、増毛、脱毛、生理不順、不整脈、免疫力が低下するため風邪やインフルエンザにかかりやすくなる、倦怠感、吐き気、頭痛、血圧低下


重度の症状:
糖尿病、高血圧、血栓症(血管の中で血液が固まってしまう症状)、消化性潰瘍、骨粗しょう症、白内障、緑内障、うつなどの精神的疾患、大腿骨頭壊死(太ももの付け根のボール状の部分の骨が壊死して、潰れてしまう病気)


・・・かなりまがまがしい病名が並びますね(^_^;) 。書いていてコワくなりましたが。


まあ、よほど多量にステロイドを服用しないと、これらの病気は発症しない、といわれています。


yaku


それに、アトピーのような皮膚の病気の場合は、飲んだり注射して体内に入れる方法ではなく、あくまで肌の上から塗る、というもっとも副作用の可能性が薄い投与の仕方ですので、通常はこれほど強い症状が現れることはめったにない、とされています。


なるほど、そういわれればそうかもしれません。でも、私にはステロイド剤を塗ることによって、アトピーではない、ステロイドによる肌荒れや腫れ起こしてしまった知り合いがいますし、私自身、ステロイドを使っていたときに頭痛や倦怠感、やる気の低下を感じたことがありました。


ですので、「副作用がない」とは絶対にいえないと思います。


ステロイドと経費毒の関連性とは



もう1つ、懸念材料があります。以前、【経皮毒】についてご説明したことがありました。

※経費毒についての記事はコチラからご覧ください↓

【シャンプー、合成洗剤から体内に取り込んでしまう?】経費毒とアトピーとの密接な関係とは

経費毒とアトピーとの密接なつながり

【経費毒とトランス脂肪酸に共通する?】化学物質のオミットとアトピーの関連性とは

kkk11


【経皮毒】とは、皮膚の毛穴から化学物質を取り込んでしまい、それが脳や子宮などの臓器に徐々に蓄積され、やがて病気を発症してしまう、というものです。


「肌の上から塗る」という行為は、毛穴からその物質を取り込んでしまうものです。なので、ステロイド剤を肌に塗れば、当然のように毛穴を通じて(経皮)、体内に入ってきます。


口から飲むよりも少量とはいえ、それが体内に蓄積されたら、一体どのようなことが起きるでしょうか?


ステロイド剤を使用した時期に私自身が感じた、頭痛や倦怠感などは、偶然や気のせいとはとても考えられません。


そこで、誰に説明されることもなかったのですが「これはきっとステロイドの副作用だから、このまま使用していたらまずい」と感じて、ステロイド剤の使用をやめました。


dada


・・・やめてよかった、と心から思います。紆余曲折を経て、アトピーはほとんど収まりましたし、それ以降は副作用の症状に悩まされることもありませんでした。


もちろん、「今すぐにステロイドをやめることはできない」というアトピーの方もたくさんいらっしゃいますし、また「リバウンドが怖い」ということもあるかと思います。


たしかに、ステロイドをやめたあともアトピーの症状は続くわけですから、やめるにはかなり勇気を必要としますよね。


ですので、「思い立ったが吉日」という言葉どおり、まずご自分の意思で“やめよう”と決意を固めることができたら、それはぜひ実行に移していただければと思います。


yume



・関連記事

【アトピーの人に朗報?】保湿力が凄い・ロクシタンのシアバターは“脱ステ”に最適

locc321


シャンプーと子宮との密接なつながり~生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症,不妊症などの婦人科系疾患はシャンプーに原因あり?~

kkk11


冬の乾燥時期にひどくなる?かゆくてつらい【手湿疹、手荒れ】の原因と対策とは


hand2


【アトピー、敏感肌、乾燥肌の方に最適】洗顔、クレンジング、ボディに使える万能石けん【ナーブルスソープ】レビュー

nab12


【アトピー肌、敏感肌、乾燥肌に最適?】コディナ(CODINA)・アルガンオイルの強力なエイジングケア対策とは

codina


フランスの人気オーガニックコスメブランド、【コディナ】から発売されたオススメのトライアルセットの使い方とは

codd





にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪



2018年07月28日| コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アトピーとオーガニックコスメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます