【アトピー性皮膚炎で処方される】ステロイド剤の種類と強さとは|アトピーとオーガニックコスメ

アトピーとオーガニックコスメ

あなたのアトピーの原因はどこにあるのでしょうか? なぜ、敏感肌のあなたにオーガニックコスメがよいのでしょうか?そのような疑問にお答えしています。おすすめオーガニックコスメのレビューと、化学物質、ステロイド剤、プロトピック剤の危険性についてもご説明しています。

【アトピー性皮膚炎で処方される】ステロイド剤の種類と強さとは

ご存知の方も多いかと思いますが、アトピー性皮膚炎で処方されるステロイド剤の種類は、抗炎症作用血管収縮能強さによって、強度を5段階にわけています。


isi


ちなみに、ステロイドには血管を収縮(ちぢむ)させる機能があり、それが強力な抗炎症力とともに、副作用の大きな要因の1つとされています。


その分類とは、

Ⅰ群.Storongest (最も強い)  Ⅱ群.very Strong (とても強い )Ⅲ群.Storong (強い) Ⅳ群.Midium (中間) Ⅴ群.Week(弱い)


sute3


このように分類されます。


Ⅰ群.Storongest (最も強い)は:

デルモベート軟膏、ソルベガ軟膏、ジフラール軟膏、ダイアコート軟膏


Ⅱ群.very Strong (とても強い)は:

フルメタ軟膏、アンテベート軟膏、トプシム軟膏、シマロン軟膏、リンデロンDP軟膏、マイザー軟膏、ビスダーム軟膏、ネリゾナ軟膏、テクスメテン軟膏、パンデル軟膏



Ⅲ群.Storong (強い)は:

エクラー軟膏、メサデルム軟膏、ザルックス軟膏クリーム、ボアラ軟膏クリーム、アドコルチン軟膏、リンデロンV軟膏、ベトネベート軟膏、トクダームテープ、プロパデルム軟膏クリーム、フルコート軟膏



Ⅳ群.Midium (中間)は:

リドメックス軟膏、ケナコルトA軟膏、レダコート軟膏、アルメタ軟膏、キンダベート軟膏、ロコイド軟膏



Ⅴ群.Week(弱い)は:

オイラゾンD軟膏、プレドニゾロン軟膏、ドレニゾンテープ



もし、あなたが現在ステロイド剤をお持ちであれば、強度はどのグループであるか、確認されるとよいと思います。


今後の治療方針の道しるべとなりますので。


sute5


・・・私自身は、もともと敏感体質であったため、Midium のロコイド軟膏と、保湿用の非ステロイド剤のみが処方されていました。


ですので、Ⅲ群.Storong (強い)以上の強度のステロイド剤は使用していません。


それがよかったのか、リバウンドなく「脱ステ」ができました。


現在は、何度かこのブログで「脱ステにはこれがオススメ!」とご案内している【ロクシタンのシアバター】のみを、保湿としてアトピーの患部に塗っています。

※【ロクシタンのシアバター】について詳しく書いた記事はコチラからご覧ください↓

【アトピーの人に朗報?】保湿力が凄い・ロクシタンのシアバターは“脱ステ”に最適

locc321



今のところ、私にとってはその方法が一番よいみたいです。


今後、またよい方法を見つけたら、このブログでお知らせしますね。


・関連記事

【どのくらいコワイ?】アトピー性皮膚炎のステロイドの副作用とは

nuru2

【どのくらいコワイ?】アトピー性皮膚炎のステロイドの副作用とは・その2

dada


【アトピーの人に朗報?】保湿力が凄い・ロクシタンのシアバターは“脱ステ”に最適

locc321


アトピー、乾燥肌対策に:ナチュラルオーケストラの【ホホバオイル】

nnnn


【アトピー、敏感肌、乾燥肌の方に最適】洗顔、クレンジング、ボディに使える万能石けん【ナーブルスソープ】レビュー

nab12


【敏感肌や髪のボリュームアップ対策に効果絶大?】ロゴナのオーガニックビール&ハチミツシャンプーの人気の秘密とは

roggg





にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪



2018年07月31日| コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アトピーとオーガニックコスメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます