【本当に危険?】ケミカルシャンプーはアトピーを悪化させる?|アトピーとオーガニックコスメ

アトピーとオーガニックコスメ

アトピーや敏感肌に悩まされている方におすすめできる、オーガニックコスメや無添加化粧品をご紹介しています。ほかにもアトピーの改善、対策などお役立ち情報を多数記載しています。

【本当に危険?】ケミカルシャンプーはアトピーを悪化させる?

前回の記事ではチラッと^^;)、ツ〇キシャンプーなどのCMについて触れましたが、

※前回の記事はコチラからご覧ください↓

小さな子供がかかるアトピーの本当の原因とは その4【経皮毒編】

baby3


今回は、もっとそのことを掘り下げてご案内したいと思います。


美容師や理髪店業界の間でも、かなり悪名高きシャンプーとして知られているのは、やはりこのツバキ(TSUBAKI)シャンプーです。(もう伏せ字にする必要ない?)


tuuu



美容師さん、理容師さんが、お客様から抜け毛や薄毛の悩みを打ち明けられたとき、何のシャンプーを使っているのかを聞くと、最近では一番多い答えが「ツバキシャンプー」だそうです


(ほかにはメリットとか、スーパーマイルドとか、植物物語とか、スカルプDとか・・・という答えが出てくるそうです


このツバキシャンプーの成分表を見たときに目に付くのは「ラウレス硫酸Na」です。


ttt5


この「ラウレス硫酸Na(ナトリウム)」は強い洗浄力を持つ合成界面活性剤の1種です。


同じ合成界面活性剤の「ラウリル硫酸ナトリウム」の分子を大きくして、髪や頭皮に深く浸透しすぎないようにした(つまり、刺激を緩めた)ものですが、基本的に、洗浄パワーや皮脂を取り除く力はラウリル硫酸ナトリウムとほとんど同じ、と考えて差し支えありません。


シャンプーや洗剤、ときには歯磨き粉にまで(!)幅広く使われる成分ですが、いかに分子を大きくして刺激を緩めたとしても、その強い洗浄力は、頭皮から皮脂を必要以上に剥ぎ取ってしまいます。


tuuu4



そうなると、頭皮の肌バリア機能は正常に働かなくなってしまい、どんどん外部からの刺激に弱くなり、髪は細く弱く、抜けやすくなってしまうのですね。


かくして薄毛、抜け毛のトラブル発生へと導かれてしまうのです。


でも、この「ラウレス硫酸ナトリウム」は泡立ちがよく、しかも単価が安いことから、好んでよくシャンプーの成分に使われています。


泡立ちがよければ、なんとなく<スッキリ気持ちよく洗えた>と思いがちですが、そこには先に述べたような、危険な落とし穴が潜んでいます。


ですので、くれぐれも「ラウレス硫酸ナトリウム」をはじめ、合成界面活性剤が配合されたシャンプーを使わないようにお気をつけください。


前回の記事で述べたように、大手メーカーが製造したシャンプーは、有名な美人女優やタレントをCMに起用し、大々的に広告を打って出ています。


それらの広告を目にすると、つい


「あのシャンプーを使えば、きっと自分もツヤツヤ、サラサラのきれいな髪になれる!」


などと思ってしまいますよね。


でも、それが企業側の思う壷なのです。


使い始めのほんの一時期、サラサラの髪になることができたとしても、長期的に使い続けているうちに髪や頭皮が弱くなり、はじめはフケやかゆみ、そしてそのうちに抜け毛や薄毛に悩まされる危険が極めて大きいのですね。


usu





また、前回の記事も含めて、これまでも何度かお伝えしている【経皮毒】への危険性もあります。

※経皮毒について詳しく書いた記事はコチラからご覧ください↓

シャンプーと子宮との密接なつながり~生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症,不妊症などの婦人科系疾患はシャンプーに原因あり?~

kkk11

経費毒とアトピーとの密接なつながり

ttt4



薄毛という現象は非常にやっかいなものですが、子宮の病気や胎児への影響、脳への障害などの発症の恐れがあることを考えると、経皮毒のほうが、より警戒すべきなのかもしれません。


Amazonで、ツバキなどケミカルシャンプーのレビューをチェックすると、


・使ってよかった!


・さすがツバキです。


・髪がまとまってよかったです。



など、多くの賞賛の声があるのを見かけます。


また、ネット検索すると、


<「ラウレス硫酸Na(ナトリウム)」は、そんなに危険な物質ではありません!>


と書かれたブログを目にすることもあります。


でも、どうかそのような意見に惑わされないでください。


たとえば、ドイツではハッキリと「ラウリル硫酸Na」は人体に有害な危険物質と認定し、使用禁止としています。


前述のように、「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」の分子を大きくしただけで、その他はほとんど同じものです。


一体、そのようなものが安全でしょうか?


rrr




ツバキや、その他のケミカルシャンプーを使ってもなにもトラブルが起きないような、肌が丈夫な人もこの世にはたくさんいます。


でも、肌、あるいは髪や頭皮が当面は大丈夫だから、といって長年使い続けていて、果たしてその後も何も起きないでしょうか。


アトピーを発症しなくても、ハゲに悩まされるかもしれません。子宮筋腫が起きるかもしれません。もっと年齢を経たときに、アルツハイマーになるかもしれません。またはこれから生まれてくる子供に何かが起きないとは限りません。


自分や、これから生まれてくる次の世代の人たちのために、危険な成分が入ったものは使わない、そのほうが本当の意味で賢明な生き方だと思います。

ttt9





・関連記事

アトピー、敏感肌の人はやっぱり合成界面活性剤は避けたほうがいい?それともそうではない?

senzai


冬の乾燥時期にひどくなる?かゆくてつらい【アトピー性手湿疹】の原因と対策とは


hand2


化粧品における旧表示指定成分とは?

hyouji


【アトピーの人に朗報?】保湿力が凄い・ロクシタンのシアバターは“脱ステ”に最適

locc321


【敏感肌や髪のボリュームアップ対策に効果絶大?】ロゴナのオーガニックビール&ハチミツシャンプーの人気の秘密とは

lor99


フランスの人気オーガニックコスメブランド、【コディナ】から発売されたオススメのトライアルセットの使い方とは

codd

【アトピー肌、敏感肌、乾燥肌に最適?】コディナ(CODINA)・アルガンオイルの強力なエイジングケア対策とは

codina


アトピーでも大丈夫:赤ちゃんのスキンケアにおすすめ【ヴェレダ(WELEDA) ベビーケアサマーセット】レビュー

wel3






にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪



2018年09月08日| コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アトピーとオーガニックコスメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます