【食べることだって楽しみたい?】アトピーと食生活とのバランスについて|アトピーとオーガニックコスメ

アトピーとオーガニックコスメ

アトピーや敏感肌に悩まされている方におすすめできる、オーガニックコスメや無添加化粧品をご紹介しています。ほかにもアトピーの改善、対策などお役立ち情報を多数記載しています。

【食べることだって楽しみたい?】アトピーと食生活とのバランスについて

アトピー性皮膚炎改善のために、食生活はとても重要です。


やはり<食べ物が身体を作る>、ということを否定することはできません。


※アトピーと食生活に関する記事は、コチラからご覧ください↓

小さな子供がかかるアトピーの本当の原因とは その2【食生活編】

aaa3


その一方で、ときに病院でアトピーの症状を診せたときに診断されてしまう、行き過ぎた「除去食」には、思わず首をかしげてしまうこともあります。


米、小麦、肉、牛乳、卵、甘い物、あれもダメ、これもダメ・・・。


もはや食べられるものはごくわずかの食品のみ。


お米も小麦もダメ、ということはご飯もパンも食べられないし、お肉を100%断つことだって、難しいですよね。


それに、「食べる」って人生の大きな楽しみの1つだと思います。 「おいしい」と感じることそのものが、感覚として幸せを感じますし、気の置けない友人たちと楽しくおしゃべりしながら会食をすることだって、幸せを感じる時間ですよね。


そのような幸せを奪うようなことに対して、拒否反応を示したくなるのは、当然のことではないでしょうか。


それは大人でも子どもでも同じことだと思います。


また、これは私の個人的な経験になるのですが、10年以上前に、私自身がお肉を一切食べず、たんぱく質は魚類と大豆だけの食生活を送っていたことがありました。


niku


たしか、2年ほど続けたと思います。


でも、その期間の食事の献立を考えるのは大変でした(>_<)。魚しかおかずにできないのですから、食生活自体がつまらないし、献立を考えるのはめんどくさいしで、食に関して幸せではなかったですね。


それに、この“お肉断ち”によってアトピーが改善したかといえば、「まぁ少しは」という程度でした。


これは、私自身のそれまでの食生活が、「どうもお肉を食べ過ぎている」、と自分で感じたために始めたことだったのですが(毎日、お肉を食べていましたので(^_^;))、

結果としては「ほんの少しよくなった」、という感じでした。


でも、うれしいことにダイエット効果はありました。3キロほど痩せましたので


やはり肉より魚をメインにした方が、痩せやすいと感じました。このことが一番の成果でしたね。


ですが、その一方で悪くなっってしまったものもありました


それは“冷え性”です。


hie



もともと、私は冷え性だったのですが、それがひどくなっってしまったのですね。


このことを病院の先生に相談したところ、


「魚よりも肉の方が体温をしっかり維持するため、特に冷え性の人は肉をちゃんと摂取する必要があります」


といわれました。


その話を聞いてからは、いわゆる“お肉断ち”はやめて、日々のおかずは

魚6:肉4

くらいの割合にしたのですが、やっぱりお肉を食べている方が身体は冷えにくい、と感じましたね。



魚はダイエットにいいのですが、体内の熱を保つためには、完全にお肉を断つことはしないほうがいい、という教訓を得た体験でした。


このように、アトピーのためによいと思ってやった食事療法が、ほかの症状を悪化させてしまうこともあるのです。


だから、あまり制限をかけ過ぎた食事療法や、除去食はしないほうが賢明です。


あくまでも「栄養のバランスがよい食生活」を目指すべきであって、修行僧のようになる必要はありません。


syoku


このブログでも、「食べないほうがいいもの」「積極的に食べたほうがいいもの」を、色々ご案内しています。


たとえば、トランス脂肪酸は明らかに身体に悪いものですし、白砂糖もよくありません。


これらのものを積極的に食べるようなことは、避けたほうがよいです。

※トランス脂肪酸と白砂糖について詳しく書いた記事はコチラからご覧ください↓

マーガリン、ショートニングに含まれている「トランス脂肪酸」って本当に身体に悪いの?

危険なトランス脂肪酸が入った食品をピックアップしてみました

pan


【白砂糖を摂りすぎるとアトピーになるって本当?】その真相とメカニズムとは

【アトピー改善には必須?】白砂糖の上手な控え方とは

siro


でも、ときどきは「ケーキやアイスクリームが食べたい」と思うこともありますよね。



あるいは忙しくて料理をするヒマがなく、スーパーやコンビニのお惣菜に頼らざるを得ないときもあります。


そのようなときまで、「トランス脂肪酸が・・・」、「白砂糖が・・・」と考えていたら、かえってストレスになってしまいます。


ですので、どうか「食べたい」という欲求を押さえつけて無理やりガマンしたり、忙しくてクタクタに疲れているのに、時間をかけてお料理するようなことはしないでくださいネ。


最後に、アトピーを食生活で改善したいけれど、しんどい食事制限はしたくない!という方のためにおすすめの本があります。

それがコチラ↓

【世界一の美女になるダイエット】です。

hon



この本は、以前もご紹介したことがありましたが、

※【世界一の美女になるダイエット】レビューはコチラからご覧ください↓

アトピーや敏感肌にも効果大の本・エリカ・アンギャル著【世界一の美女になるダイエット】レビュー


題名からして、モデルや美人コンテストを受ける女性のためのダイエット本かな?と思いがちですが、実はそうではなく


「若くても年齢を経ても、健康で美しくあるための食生活について説いた本


なのです。


著者のエリカ・アンギャルさんは、本当によく食材の性質や、食事と美容・健康の関連性を熟知しておられます。

elika
↑エリカ・アンギャルさんです。


私が初めてトランス脂肪酸や白砂糖の危険性を知ったのは、この本を読んだときでした。


また、美しい肌を作ってくれる食材ライフスタイルについて、たくさん説明してくれているので、アトピー肌の改善にも大いに役に立ちます。


よく、このような本に対して「すべて実行するのは難しい」と書かれたレビューを読むことがありますが、なにも全部の項目を実行することはないのです。


できることからやってみるだけでいいのですね。


今まで生きてきたライフスタイル、経験、考えかた、皆それぞれ違うのですから、実行できるものとできないものがあって当たり前。


“一気に全部実行しようとしたけど、かえって1つもできなかった”というよりは、“すぐにできることだけを数項目やる” 方がいいのです


アトピー関係の本ではないけれど、私自身はとても参考になった本(アトピー改善にもダイエットにも)ですので、ご興味がおありでしたら、ぜひ1度お読みください。


・関連記事

【腸内環境を整えて便秘とアトピーを改善しよう】オリゴ糖サプリ“エンジェルオリゴ”の知られざる効果とは?

eee


夏バテ予防、熱中症対策に超オススメのスーパーフードとは?

manuka


【健康と美容に超オススメ】オメガ3たっぷりのオーガニックサプリ“フラーガン”があなたを内側からキレイにします

flagan


冬の乾燥時期にひどくなる?かゆくてつらい【アトピー性手湿疹】の原因と対策とは


hand2


【アトピー、敏感肌、乾燥肌の方に最適】洗顔、クレンジング、ボディに使える万能石けん【ナーブルスソープ】レビュー

nab555


【アトピー肌、敏感肌、乾燥肌に最適?】コディナ(CODINA)・アルガンオイルの強力なエイジングケア対策とは

codina


【アトピーの人に朗報?】保湿力が凄い・ロクシタンのシアバターは“脱ステ”に最適

locc321




にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪



2018年09月14日| コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アトピーとオーガニックコスメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます