化粧品に含まれるPG(プロピレングリコール)ってどんなもの?|アトピーとオーガニックコスメ

アトピーとオーガニックコスメ

アトピーや敏感肌に悩まされている方におすすめできる、オーガニックコスメや無添加化粧品をご紹介しています。ほかにもアトピーの改善、対策などお役立ち情報を多数記載しています。

化粧品に含まれるPG(プロピレングリコール)ってどんなもの?

化粧品によく含まれている成分に、PG(プロピレングリコール)というものがありますね。よく見かける成分です。


pg


ですが「PGは危険」という説と、「PG自体に危険性はない」という説と両方あるようです。いったいどちらが本当なのでしょうか。


今回は、そのことを調べてみました。

PGってどんなもの?



PG(プロピレングリコール)は、石油原料に製造された化学物質で、旧表示指定成分の中の1つです。



化粧品には、保湿や湿潤効果を高める目的でよく使われています。


また、ほかの成分が、より体内に吸収されやすくする「経皮吸収促進剤」としても、このPGが用いられています。


まず、問題はなんといっても石油由来の化学物質であり、旧表示指定成分(保湿剤)とされていることですね。


旧表示指定成分は、以前も詳しくお話しましたが


※旧表示指定成分について詳しく書いた記事はコチラからご覧ください↓

化粧品における旧表示指定成分とは?

hyouji



旧厚生省(現;厚生労働省)が1980年に定めた、アレルギーの危険性が認められた102種類の成分のことを指します。


つまり、PG自体がアレルギー成分である、ということが認められているわけです。


さて、ここでもう1つ、PGの危険性について述べたいと思います。


先ほど、PGは他の成分が体内に吸収されやすくする「経皮吸収促進剤」の役割を果たす、とご説明しました。


ということは、その化粧品に含まれる他の化学物質もいっしょに、体内に吸収してしまうのですね。


これは、PGの隠れた危険性を表しています。


たとえば、以前の記事でもご案内した、「ジョンソンズベビーローション」。


jjo



このベビーローションの成分は、下記のとおりです:

ジョンソンズベビーローション 全成分

水、ミネラルオイル、ジメチコン、グリセリン、ステアリン酸グリコール、ポリソルベート20、PG、フェノキシエタノール、カルボマー、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、安息香酸Na、オクトキシグリセリン、スルホコハク酸ジオクチルNa、水酸化Na、トコフェロール


この成分の中では、まず「ミネラルオイル」が目につきます。これは「鉱物油」のことです。


鉱物油とは何かというと、石油からプラスチック製品やそのほかの工業製品を作ったあとに出る廃油のことなんです。


pg2


なんで、そんな身体に悪そうなものが化粧品に使われているのかというと、単純に「安いから」なんですね。


鉱物油も油には違いありません(当たり前ですが)。


もし、良質なオーガニックコスメであれば、化粧品には有機栽培された天然の植物性油を配合しますが、大量生産するにはできるだけコスト削減したいところ。


pg3



よって、廃油である鉱物油が使われているのです。


そして、化粧品の配合成分に「鉱物油」と書いてしまうと、みんな敬遠してしまうため「ミネラルオイル」と書いているわけです。


・・・なんだか、愕然としてしまったでしょうか。ムリもないことです


さて、話をPGに戻しますと、この鉱物油ことミネラルオイルは、PGといっしょに配合されることによって、より体内に吸収されやすくなります(・・・ゾッ)。


これが、ベビーローションとして赤ちゃんの肌に使用されるわけです。


BABY


だんだん、世の中に嫌気が差してしまったでしょうか。それもムリもないことです


ここでは、「ジョンソンズベビーローション」を取り上げましたが、もちろんこのPGは、ほかの化粧品やシャンプーや歯磨き粉、それになんと食品添加物として多くの食品にも含まれています。



麺類、ギョーザ、シューマイ、春巻きの皮、魚介類のくん製などです。


手近にある、これらの商品の成分表を見ると、「PG」と書かれているものが意外に多いのに気づかれると思います。


それだけ日常生活に浸透している成分ですが、このような危険性を帯びていますので、決して「PGは低刺激で安全な成分です」などという声にだまされないようにしてください。


PGとDPGの違いとは



また、PGに良く似た性質の成分で「DPG(ジプロピレングリコール)」というものがあります。


dpg


これはPGを改良して作った成分です。PGを脱水縮合させたもので、より低刺激性、安全性に優れているといわれています。


ただ、DPGも石油由来の化学物質で、旧表示指定成分であることには違いはありません。



それに、たしかにPGよりは低刺激ですが、PGと同様に、他の物質を体内に吸収しやすくする性質がないとはいい切れません。



DPGなら安全、という思い込みはしないほうが賢明といえます。


ここまで書いてきましたが、私の個人的な結論としては


「PGもDPGも、できるだけ使用を避けたほうがいい」


ということです。


もっとも、PGもDPGも旧表示指定成分であるので、私自身はどの成分であろうと旧表示指定成分が配合されている化粧品はいっさい購入しません。


でも、先ほど書きましたように、知らず知らず食品に含まれていることもあるのですね。


これには、正直驚いてしまいました。


当たり前といわれればそうですが、食品もやはり原材料表を見たうえで購入することが大切、ということをあらためて感じました。


食品も化粧品も、自分の身体にダイレクトに影響を与えるものですから、慎重に選びたいものですね。


pg4

・関連記事

【赤ちゃんからのアトピーの予防に】ベビー用スキンケアでおすすめはどれ?

BBB

【待望の新発売】オーガニックコスメ、ヴェレダ(WELEDA)のトライアルセットは超オススメ?

weee

アトピーでも大丈夫:赤ちゃんのスキンケアにおすすめ【ヴェレダ(WELEDA) ベビーケアサマーセット】レビュー

wel3


経費毒とアトピーとの密接なつながり

ttt4


アトピー、敏感肌の人はやっぱり合成界面活性剤は避けたほうがいい?それともそうではない?

senzai


【アトピーの人に朗報?】保湿力が凄い・ロクシタンのシアバターは“脱ステ”に最適

locc321


【アトピー肌、敏感肌、乾燥肌に最適?】コディナ(CODINA)・アルガンオイルの強力なエイジングケア対策とは

codina


【アトピー、敏感肌、乾燥肌の方に最適】洗顔、クレンジング、ボディに使える万能石けん【ナーブルスソープ】レビュー

nab555





にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪



2018年09月25日| コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アトピーとオーガニックコスメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます