【旧表示指定成分シリーズその1】化粧品に含まれている“合成界面活性剤”の働きはコワイ?|アトピーとオーガニックコスメ

アトピーとオーガニックコスメ

アトピーや敏感肌に悩まされている方におすすめできる、オーガニックコスメや無添加化粧品をご紹介しています。ほかにもアトピーの改善、対策などお役立ち情報を多数記載しています。

【旧表示指定成分シリーズその1】化粧品に含まれている“合成界面活性剤”の働きはコワイ?

さて、今回から3回のシリーズで化粧品の旧表示指定成分に含まれる、よく知られた成分について取り上げたいと思います。第1回目は合成界面活性剤です。それではさっそくいってみましょう!

よく、オーガニックコスメ無添加化粧品に【合成界面活性剤無添加】、あるいは【合成界面活性剤フリー】と記載されているものがあります。


この【合成界面活性剤】って、何なのでしょうか。文字のイメージから「よく分からないけど天然の成分ではない化学物質で、身体に害のあるものじゃない?」と思っていらっしゃる方も多いかもしれませんね(笑)。


・・・そのイメージはあながち間違っていません(^_^;) 。


【界面活性剤】とは、本来は混じり合うはずのない物質、たとえば水と油の境目(界面)をなくし混ぜ合わせ、その状態を長時間維持する働きを持つ物質のことを指します。この、本来なら混じり合うことがない物質が、界面活性剤によって混じり合った状態のことを「乳化」といいます。

gou


界面活性剤には天然と人工のものがある


界面活性剤には、自然界に存在する「天然界面活性剤」と、 石油などの原料で人工的に作られた「合成界面活性剤」とがあります。


天然由来の界面活性剤とは、もともと自然界の中に存在するものを言います。例えば【卵黄レシチン】は卵黄に含まれている天然活性剤で、人工的なものではありません。そして、油を含むマヨネーズが、常に材料が均一に混ざっているのは、この卵黄レシチンが作用してくれるお陰です。

ran


牛乳などの乳製品に含まれるたんぱく質の一種、【ガゼイン】も天然の界面活性剤です。牛乳は水分と乳脂肪分が混ざり合った状態のもので、それらを乳化させているのがガゼインなのです。


また、ヘチマの茎や抹茶などの植物やヒトデ、ナマコといった生物に含まれている成分【サポニン】も天然由来の界面活性剤です。サポニンを含む植物は、昔から石けん代わりとして使われていました。


一方、合成界面活性剤は人の手で科学的に合成して作られた界面活性剤で、ほとんどが石油などの原料で作られています。洗浄などの効果が高いものが多くありますが、当然のことながら、弊害も伴ってきます。




なぜ、界面活性剤を使うと汚れがよく落ちるの?


それでは、ここで『どうして界面活性剤を利用すると汚れが落ちるのか』というメカニズムについてカンタンにご説明します。


衣類や食器についた油汚れは、水と混ざり合った状態になると離れやすくなり、汚れが落ちます。つまり、ふだんは混じることのない水と油でも、界面活性剤が加われば混ざり合うわけですが、この働きが洗剤の汚れ落としの基本となります。


洗剤の汚れ落としの順序は:


①まず初めに界面活性剤の働きによって、水の表面張力が弱められます。そうすると、布地や、さらには水をはじきやすい糸きれなども、よく水にしみこむようになります。


②その次に界面活性剤は、油汚れをとても小さな粒にして取り囲み、水の中にばらばらに散らばせます。


③一度、取れた汚れは、界面活性剤にしっかり包まれて分離するため、再び布地等に汚れとしてくっつくことはありません。


これが洗剤の働きになります。


さて、化粧品における合成界面活性剤の役割は、主として洗浄と乳化にあります。クレンジング剤や洗顔料、シャンプーや歯磨き粉に洗浄成分として合成界面活性剤が含まれています。


gos

また、乳化剤として乳液やクリームにたくさんの合成界面活性剤が添加されています。ほかの用途としては、界面活性剤には柔軟作用と滑りをよくする作用があり、物質と物質の間に存在することで界面の摩擦を小さくする働きがあります。

このためリンスにも合成界面活性剤が使われていて、髪をサラサラにする役割を持ちます。


このように、合成界面活性剤はさまざまな用途で化粧品に使われています。


では、合成界面活性剤が含まれた化粧品を使い続けると、どのようなことが問題になるのでしょうか。


1つは、その強力な洗浄力がお肌にとって「あだ」となってしまう、ということです。
合成界面活性剤をクレンジング剤に配合すると、落ちにくいメイクや汚れを一瞬で浮かび上がらせ、洗浄してくれます。この働きは台所用洗剤や洗濯用洗剤といっしょです。
しかし、このときにメイク汚れといっしょに、肌を外部から守る役割をする、大切な皮脂膜や必要な肌の油分までもいっしょに洗浄してしまうのです。

よく「洗剤で手が荒れる」という話を聞きますが、同じことなのです。洗剤に含まれる合成界面活性剤が手の水分や必要な皮脂を洗浄し、皮脂膜を奪ってしまうため、手がカサカサに乾燥して荒れてしまうのです。


この現象がひどくなると手湿疹が発症したりします。手湿疹とは身体の中でも特に手だけに湿疹ができる、主婦や美容師、あるいは手をよく使う仕事に就いている人に多い症状です。


tea
↑手湿疹の写真です。


もしも自分の顔の肌がガサガサに荒れてしまったら・・・!


さて、これが自分の顔と、クレンジング剤や洗顔料との間に同様のことが起きているのだとしたら・・・。すごくコワイことですよね。もちろん、手が荒れてしまうのも、とてもイヤなことですが、やっぱり女性にとって「顔」って大切な場所ですよね。自分の顔の肌がガサガサに荒れてしまう、と考えただけでも、思わず冷や汗をかいてしまいそうです(@_@;)。


さらに、保湿や油分を補うはずの乳液やクリームにも、乳化剤として合成界面活性剤が含まれています。それを顔に塗ってそのまま一日中、過ごしているとどうなるでしょう?


人間の肌には、もともと異物の浸入を防ぐためのバリア機能が備わっています。『皮脂膜』と『角質層』がそのバリア機能を果たしてくれているのですが、合成界面活性剤はそのバリア機能を壊して、化粧品の成分を肌の内部へ浸透させる作用も持っているのです。

gos1


異物の浸入を防ぐためのバリア機能が壊れてしまった肌は、当然ながらトラブルが起きやすくなります。
過度に敏感肌や乾燥肌になったり、実際の年齢よりも肌が老けて見えたり、シミ、シワ、くすみ、といった肌トラブルの原因は、単に老化や生活習慣だけの問題ではないのかもしれません。



合成界面活性剤の種類


念のため、こちらに化粧品における表示指定成分の合成界面活性剤をあげますが・・・。



・アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ABS)


・塩化アルキルトリメチルアンモニウム


・塩化ジステアリルジメチルベンジルアンモニウム
 

・塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム


・塩化ステアリルトリメチルベンジルアンモニウム


・塩化セチルトリメチルアンモニウム


・塩化セチルピリジウム


・塩化ラウリルトリメチルアンモニウム
 

・臭化セチルトリメチルアンモニウム


・セチル硫酸ナトリウム


・直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム


・ポリオキシエチレンラウリル硫酸塩類


・ラウリル硫酸塩類


・・・ずい分、沢山あるんですね(^_^;)。自分でも、書いていてビックリしました。でも、私の気持ちとしては、化粧品の成分表とにらめっこしてどの指定成分が含まれているかを時間をかけてチェックするよりは、初めから【合成界面活性剤入りの化粧品は使わない方がいい】と考えています。


og


やっぱり合成界面活性剤入りの化粧品は使わない方がいい?


自分の肌も、自分の体の大切な一部分。そのように考えると【悪いもの】と知っていながら自分の肌につけるのも、あるいは人に薦めるのも、どうしても気が進まないのです。

私自身は超敏感肌なので、ほとんどすべての合成界面活性剤は使えないのですが・・・。肌につけたとたんに、「あ、これはダメ!」と分かるほど反応が出て、瞬時に肌がカユくなったり、ヒリヒリ痛くなったりすることが数多くあります。

また、初めのうちは反応が出なくても、使い続けていくうちにカブレたり湿疹が出たりして、アレルギー反応が出ます。そうなると、もう手放す(捨てる)しかありません。そのようにして、お金をムダにしてしまったことも、何度もありました。

hada


<節約しよう>と考えて、少しばかり安価の、指定成分入りの化粧品を買ったばかりに、かえってお金をドブに捨ててしまった、という結果になったわけです。そのような結果になるくらいなら、最初から少し高くても、信頼できる無添加の化粧品を買う方がいい。その方がかえって節約になるし、安心して最後まで使い切れるから―


最終的にそのような結論に至ったのでした。


もちろん、合成界面活性剤が含まれている化粧品を使っていてもなんともない、という人も沢山いらっしゃいます。


でも、合成界面活性剤の怖いところは、【肌バリアを壊す】ということで、それは自覚症状を伴わないのです。先ほど述べたように、お肌には外からの刺激から肌をまもり、異物の侵入を防ぐための「皮脂膜」と「角質層」が【バリア機能】を果たしています。


合成界面活性剤はこの肌にとって大切な【バリア機能】と【メイク汚れ】との区別はつきませんので、どちらも根こそぎ肌から奪ってしまいます。


バリア機能の低下が肌の老化を早める


【バリア機能】は、ある程度は自然に回復する能力も備わっていますが、それでも限界はあります。毎日、合成界面活性剤入りの化粧品を使い続けることによって、【バリア機能】も完全には回復できなくなり、徐々に弱い肌となっていきます。


さらに、合成界面活性剤には浸透作用もありますが、残念ながら肌に良い成分だけを仕分けして浸透させることはできません。


【バリア機能】が低下した肌に、化粧品に含まれる美容成分だけでなく、化学物質もいっしょに浸透し、奥深く入っていってしまうのです。

ba


この現象が、自覚症状を伴わないことが多いのです。痛みやカユミを自覚することなく、気がつかないまま弱い肌、過剰な乾燥肌にされていってしまう―これが合成界面活性剤の怖さです。


ある年代から、『坂道を転がり落ちるように』肌の衰えを感じるようになってしまうのは、単なる加齢の問題だけではなく、【肌のバリア機能】の低下と、化学物質が肌の奥深くに浸透してしまっていることが、一気に表面化してきたのかもしれません。


幸いにも、現在は合成界面活性剤を完全にカットした化粧品が何種類も市場に出てきています。それらのすべてが『完全に良いもの』とは言い切れませんが、それでもケミカルコスメよりだいぶお肌に優しい、良いものも沢山あります。ありがたいことに、消費する側にとっては一昔前よりもずいぶん選択肢が増えました。


これは、大変喜ばしいことだと思います。


少しの心掛けや努力で、肌の衰えを防ぐことができるのなら、絶対にその方がいい、と私は考えています。

kes

・関連記事
【敏感肌や髪のボリュームアップ対策に効果絶大?】ロゴナのオーガニックビール&ハチミツシャンプーの人気の秘密とは

rogona44


【乾燥しやすい肌に特にオススメ】万能の保湿クリーム、コディナ(CODINA) フェイシャルアルガンクリーム


codi324


【アトピー肌、敏感肌、乾燥肌に最適?】コディナ(CODINA)・アルガンオイルの強力なエイジングケア対策とは

cooil





【旧表示指定成分シリーズその2】化粧品に含まれるパラベンは安全?それとも避けた方がいい?

parab6

【旧表示指定成分シリーズその3】化粧品に含まれる香料ってどんなもの?

koryo5

化粧品における旧表示指定成分とは?

hyouji



にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪

2017年12月05日| コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アトピーとオーガニックコスメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます