『なかなか泡立たない』という声もあるけれど・・・オーガニックシャンプーの快適な使い方とは?|アトピーとオーガニックコスメ

アトピーとオーガニックコスメ

アトピーや敏感肌に悩まされている方にオーガニックコスメを紹介したり、アトピー対策などを記載しているブログです。

『なかなか泡立たない』という声もあるけれど・・・オーガニックシャンプーの快適な使い方とは?

前回お伝えした、健康が気になる方や、敏感肌の方に超オススメの、ロゴナの【ボリュームシャンプー・ビール&はちみつ】。
※前回の記事はコチラです↓

【敏感肌や髪のボリュームアップ対策に効果絶大?】ロゴナのオーガニックビール&ハチミツシャンプーの人気の秘密とは


rrr9

実際に、このシャンプーを使い続けることによって、髪本来の健康を取り戻し、髪のツヤが出たり、細くてコシがなかった髪のボリュームがすごくアップした、という声をよく聞きます。



kami3


ただ、

・あまり泡立たない。

・洗った後、髪がキシむ。

という声もときどき、聞かれます。


これはオーガニックシャンプーや石けんシャンプーにはよく見られることなのです。



肌バリア機能を壊してしまう合成界面活性剤


なぜなら、オーガニックシャンプーや石けんシャンプーには、市販のシャンプーと違って【合成界面活性剤】を含有していないからです。市販のシャンプーの泡立ちがいいこと、リンスを使用して髪がサラサラになるのは、まさに【合成界面活性剤】のお陰(?)といえるのです。

※【合成界面活性剤】について詳しく書かれたページはコチラです↓

【旧表示指定成分シリーズその1】化粧品に含まれている“合成界面活性剤”の働きはコワイ?


どうしてかといいますと、まず泡は水(層)と空気(層)からできているので、普通の状態であれば、すぐに分離してしまいます。そこで界面活性剤が水と空気の間に入ることで、泡を形成できるのです。

また、界面活性剤には、物質と物質の間に存在することで界面の摩擦を小さくして柔軟にし、滑りをよくする作用があります。この作用を利用して、リンスが作られています。

界面活性剤が入ったシャンプーで泡立ちをよくして、その泡でしっかり洗えれば髪はキレイになる、と、つい感じてしまいがちですが、本当は髪にツヤを出し、健康を保つためのキューティクルや、潤いを保つために必要な頭皮の皮脂までもしっかり奪ってしまうのです。

kai


そのため、シャンプーしていて髪がパサついてしまったり、頭皮が荒れたり湿疹が出たりすることもあるのですね。

そのような理由で、市販の【合成界面活性剤】入りのシャンプーでは、たしかに髪の汚れを洗い流すことはできますが、もっと肝心の“髪や頭皮を健康にする”という点においては、かなり疑問符がついてしまう、というよりハッキリ言ってしまうと“髪や頭皮の健康にはよくない”のですね(-_-;)。

やはり、「生きている間は、できる限り髪や頭皮の健康を保ちたい」、という意識でいるならば、合成界面活性剤が入っていないオーガニック系のシャンプーを使いたくなります。


オーガニック系シャンプーの泡立て方


そこで、よく「泡立ちが悪い」と誤解されがちな(?)オーガニック系シャンプーを、【快適に泡立てて使うにはどうしたらよいか】ということについて、私自身が日ごろ実践している方法を、ご紹介します。

1.シャンプーの前に髪をよくブラッシングする。

⇒ブラッシングすることにより髪や頭皮の汚れを落とすことができます。



2.髪を熱くないお湯でよくすすいでからシャンプーをつける。

⇒お湯は熱くてもぬるすぎてもシャンプーが泡立ちにくくなるため、ご自身が「熱くない、ぬるくない」と感じる温度がちょうどいいです。1と同様に、髪や頭皮の汚れを落とすことができます。



3.1回目のシャンプーはかんたんに洗い流す程度で、あまりしっかり洗い流さない。

⇒1回目のシャンプーを完全に洗い流してしまうと、かえって2回目のシャンプーがあまり泡立たなくなってしまいます。軽く洗い流す程度でちょうどよく2回目が泡立ち、しかもしっかり洗えます。



1~3を実践することで『泡立ちがよくない』ことはほぼ解消できますし、しっかり洗浄できます。このうえで、さらに念を入れたい場合は、この方法がオススメ!です。

     ↓         ↓       ↓        
『シャンプーブラシを使って泡立てる。』

⇒これはとても効きます(笑)。まさにカユイところがなくなり、頭皮もしっかり洗えるのでシャンプー後の爽快感がすごくあります^^)。

↓これは私が使っているシャンプーブラシです。
bbb1

bbb2


たしか東急ハンズで買いましたが、5年以上使っていてもまったく傷まず、こわれないので、費用対効果はすごく高いと思います。

もっとも、これはもともとメンズ商品なのですが(笑)。「両手で洗える」ことが私にとって、とても便利に感じましたので購入しました。別にシャンプーするときにメンズもレディースもあまり関係ないかなと思ったので(^^)。


【コンディショナー・プロテイン】を使用することでキシみを解消する


さて、もう1つの問題である『髪がキシむ』ことですが、これはシャンプー後に【コンディショナー・プロテイン】を使用することで解消できます。キシみがなくなり、櫛どおりもよくなって、ツルツル、サラサラにしてくれます。使い続けていくうちに、毎シャンプー後に使わなくてもよくなり、2,3回に1ぺんくらいの使用でよくなります。


rrr8


もっとも、現在あなたがお持ちのコンディショナーやトリートメントを、ロゴナの【ボリュームシャンプー・ビール&はちみつ】と組み合わせて、髪が満足いくように仕上がるのであれば、それでかまいません。

要は、【合成界面活性剤】入りのシャンプーやコンディショナーは使わない、ということです。長い目で見た場合、いっとき洗浄力があるからといって【合成界面活性剤】や【パラベン】等が入ったシャンプーを使い続けると、丈夫で健康な髪もだんだん細くなったり、ツヤやハリが失われてしまい、ついには『髪の毛が少なくなった・・・!』などということが起こりかねません。
※パラベンについて書かれた記事はコチラです↓

【旧表示指定成分シリーズその2】化粧品に含まれるパラベンは安全?それとも避けた方がいい?



髪や頭皮トラブルを未然に防ぐ大切さ


髪の毛の悩みって、本人にとってはすごく深刻ですよね。髪の毛が薄くなったり、ハゲを心配しなくてはならなくなるなんて、想像するだけでも『そんなこと、絶対に自分の身に起きて欲しくない』と思うでしょう。

kami4




病気や、あるいは美容、健康の問題は『かかってしまったものを治すより、予防する方がたやすい』場合が多いです。

たとえば『ダイエット』も、いったん太ってしまった状態から一生懸命体重を落として痩せるよりも、太らないように、ふだんからちょっとづつ気をつけているほうが易しいです。


髪の毛も、健康を取り戻し、【輝くような美しさ】を保つことで、よりいっそうご自分の髪がいとおしく感じられることと思います。


もし、あなたがちょっとでも興味を持たれたのなら、このロゴナ【ボリュームシャンプー・ビール&はちみつ】の使い方を実践されてみるとよいと思います。きっと、効果を確認できると思いますよ。


rog77

・関連記事

【敏感肌や髪のボリュームアップ対策に効果絶大?】ロゴナのオーガニックビール&ハチミツシャンプーの人気の秘密とは

【旧表示指定成分シリーズその1】化粧品に含まれている“合成界面活性剤”の働きはコワイ?

【旧表示指定成分シリーズその2】化粧品に含まれるパラベンは安全?それとも避けた方がいい?

【アトピーや敏感肌の人も意外と知らない事実】オーガニックコスメと自然派化粧品の違いとは?

Myプロフィール


にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪
2017年12月13日| コメント:0Edit

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © アトピーとオーガニックコスメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます