【これからの季節に必見?】アトピー、超敏感肌の人のための紫外線対策とは|アトピーとオーガニックコスメ

アトピーとオーガニックコスメ

アトピーや敏感肌に悩まされている方にオーガニックコスメを紹介したり、アトピー対策などを記載しているブログです。

【これからの季節に必見?】アトピー、超敏感肌の人のための紫外線対策とは

日ざしが強い季節になりましたね。この時期、気をつけなければいけないのはなんといっても【紫外線】です。



紫外線=UV(ウルトラヴァイオレットレイ)は、太陽の光に含まれている、さまざまな物質のなかの1種です。電磁波の1種でもあり、強力な殺菌効果がありますが、浴びすぎるとさまざまな弊害が起きることが、科学的、医学的にも解明されています。


uvab22


よく知られているところでは、やはり肌に起きるトラブルで、しみ、そばかす、シワ、くすみ、肌の急激な老化、ひどいときには皮膚がんを発症することもあります。


紫外線は4月からだんだん増えはじめていき、7月にピークを迎えます。ですので4月から9月までは紫外線対策は怠らないほうがいいでしょう。日中の時間帯のピークはやはり昼間の12時ですが、11時から14時までは、かなり紫外線の量が多いので、外出するときはそれなりの対策が必要です。

uvab3


・・・なのですが、この紫外線のピークとされる11時から14時の時間帯でも、日がさや帽子を使わず、日光に顔をさらして外を歩いている人を見かけます。


でも、これはどう考えてもいいことではないんです。


いくら日焼け止めクリームを顔に塗っていても、日がさや帽子ほど紫外線をさえぎる威力はないので、その点は注意が必要です。


紫外線を浴びて、その影響が出るのはおよそ1ヵ月後といわれています。ですので、<今日うっかり炎天下の中、帽子をかぶらずに外出しちゃった>、なんてことがあっても、翌日や翌々日にしみやシワができるわけではありませんが、それでも肌の中では確実に影響を受け、老化を進めてしまっているのですね。



紫外線には3タイプある?




ちなみに紫外線には3つのタイプがあり、それぞれ



UVA(A波)、 UVB(B波)、 UVC(C波)



といわれています。


このうち「UVC」はオゾン層にさえぎられて地上まで届かないので、気にする必要はないのですが、問題は「UVA(A波)」と「UVB(B波)」です。


一般的には、下の図のように「UVA(A波)」が人の肌の真皮まで破壊し、シワやたるみの原因になるとされています。


もう1つの「UVB(B波)」は、真皮までは届かないのですが、メラノサイトを活性化させてしみ、そばかすを作る原因となります。

uvab4


この、「UVA」と「UVB」をどちらも肌に浴びさせないようにすれば、肌トラブルや老化を確実に防ぐことができるのですね。



アトピー、敏感肌の人のための紫外線対策とは




そうはいっても、私のようなアトピー肌超敏感肌の持ち主には、自分の肌に合うUVカットの化粧品って、なかなかないんですよね。実は、いまだに合うものが見つかっていないです(泣)。


みつかったら、もちろんこのブログでご紹介するのですが、ないんだからそのしようもないのです(-_-;)。大変申し訳ありませんm(_ _ )m。


ですので、現在私が行っている紫外線対策をご紹介します。



4月から9月までは外出時に日がさ、帽子、手袋、サングラスを絶対に忘れない。


uvab8


使用する日がさ、帽子、手袋、サングラスは必ずUVカット用のものを選ぶ。色はベストは黒。なければ濃紺。とにかく色が濃いものにする。



オイルは、ある程度日差しを防いでくれるため、アルガンオイルは肌のブースターとして必ずつける。また、シアバターは紫外線対策に優れた効果を発揮するコスメなので、必ずつける。


※アルガンオイルとシアバターについて詳しく書いた記事はコチラからご覧ください↓

【アトピー肌、敏感肌、乾燥肌に最適?】コディナ(CODINA)・アルガンオイルの強力なエイジングケア対策とは

oil541


シワ予防、アンチエイジング、アトピー、紫外線対策に超オススメ。あらゆる方面に効果を発揮するスーパーオーガニックコスメ、ロクシタンの【シアバター】とは?

fff66

オーガニックコスメの原材料シリーズ3:敏感肌、乾燥肌の人に人気のシアバター。その驚くべき効果と秘密とは

shea991



ビタミンが豊富に含まれるくだもの、そして野菜を多く食べる。一般的に「紫外線対策」というと化粧品や身につけるものに注意が行きがちですが、実は食べ物も有効な対策方法なのです。


キウイなどはビタミンが豊富で、たくさん食べることにより、紫外線で破壊された肌のダメージを回復する助けになります。また、夏のくだものや夏野菜は水分も補うことができます。

uvab77



特に④は、以外にあまり紫外線対策として実行していない人が多いようですが、実は重要なんですね。


どんな対策をほどこしても、夏の日々を過ごしていて、紫外線をぜんぜん浴びないなんてことはあり得ないのですが、ビタミンが肌の回復を大いに助けてくれる役割を果たしてくるのですね。ですので、できるだけ旬の新鮮な果物や野菜を摂ると効果的です。


私自身、この4つの方法だけを毎年実行していますが、実際に私はUVカットの化粧品は使っていないにもかかわらず、「肌年齢が若い」「しみ、しわが少ない」とよく言われます。


ですので、かなり効果がある方法だと思っています。お肌のダメージ回復と若返りのためにも、よろしければぜひ試していただければと思います。


・関連記事

【アトピー肌、敏感肌、乾燥肌に最適?】コディナ(CODINA)・アルガンオイルの強力なエイジングケア対策とは

oil541


シワ予防、アンチエイジング、アトピー、紫外線対策に超オススメ。あらゆる方面に効果を発揮するスーパーオーガニックコスメ、ロクシタンの【シアバター】とは?

fff66


フランスの人気オーガニックコスメブランド、【コディナ】から発売されたオススメのトライアルセットの使い方とは

try222


【乾燥しやすい肌に特にオススメ】万能の保湿クリーム、コディナ(CODINA) フェイシャルアルガンクリーム

ararga




にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
←ランキングに参加していますのでクリックしていただけると大変励みになります♪



2018年05月28日| コメント:0Edit

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © アトピーとオーガニックコスメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます